理念

興建社基本理念

  • お客様に「末永く」喜ばれる仕事をすることにより企業を永続させます
  • 社員の幸せ・豊かさを高めることにより企業を永続させます
  • 活力ある地域社会づくりの一翼を担うことにより企業を永続させます

あいさつ

このたびは弊社ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。弊社は、昭和21年5月に故・水島歳五郎が杉並において創業して以来、一貫して建設の事業にまい進してまいりました。創業よりこれまでお客様のご愛顧をいただき、おかげさまで創業71年に至りました。
 弊社は経営理念の第一に「お客様に末永く喜ばれる仕事をする」と掲げております。これは施工における良い品質を確保するのは勿論の事、建物完成後も人と人のコミュニケーションを保ち、お客様と弊社の信頼を育てていくことにより、10年、20年と歳月が経過するなかで「興建社に仕事をやらせて良かった」と思っていただけることを目指しております。その実現のためにも、社業の継続を第一として着実な経営を心掛けています。
 こんにちの日本の建設業は、技能者の高齢化と後継者不足により、高度成長期に誇ったその生産性に陰りが見え始めています。これに対し弊社では、協力会社組織である「歳友会」の全面的な協力のもと、事業場の環境改善、優良技能者の表彰制度を備える等、技能者にとっても魅力ある企業、事業場づくりを進めています。
 5年前から取り組みを始めた「良いコンプロジェクト」は第2期のスローガンを「密実の追求」とし、コンクリートかぶり厚の確保、適切な養生、打設技術の向上により、コンクリート品質の向上を目指しております。また、ピカイチの現場監督を育成する「ピカイチプロジェクト」で主に若手社員の教育、研修を積極的に行い、技術の継承に努めております。末永いお客様の喜びのために、これからもこうした取り組みを継続してまいりますのでよろしくお願いします。

代表取締役社長 水島隆明